So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アメリカでは高齢者の28%が一人暮らし [高齢者の安否確認]

アメリカでは高齢者の28%が一人暮らし

高齢者の増加が深刻化しているのは日本だけではありません。

先進国はどこも同じ問題を抱えています。

経済が成長して、安定してきている国では、高齢者の増加と、住まいや健康、孤独死についての問題が必ずといっていいほど生まれています。

高齢化率14%のアメリカでは、すべての高齢者人口のうち28%が一人暮らし。あの広大な国土を持つアメリカで、1人暮らしの老人をどのように見守っているのでしょう。

アメリカでは、テレビにインターネット組み込み、パソコンやスマートフォント通信できるようにしたものもあるそうです。「Independa」という見守りシステムです。

インターネットやスマートフォンに不慣れなイメージがある高齢者ですが、それはアメリカでも同じ。

そこで普段から使い慣れているテレビを使って安否見守りができるシステムを構築したようです。

見守りテレビは、通常はテレビとして利用できて、ネット機能もチャンネル操作をする感覚で、リモコンで操作できるというもの。

ワンクリックで通信できるコールボタンは、とても便利。

このボタンをリモコンでクリックすれば、いつでも通信相手のパソコンやスマホの画面にアラートが表示されます。

他にも文字によるメッセージの送信や、家族との写真の共有もできます。

まだ日本に入ってきていませんが、家電メーカーと通信会社が提携を結ぶ事で、これから日本でも同じようなサービスが受けられるようになるかもひれませんね。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者の見守りテレビで安否確認も [高齢者の安否確認]

高齢者の見守りテレビで安否確認

高齢者見守り安否確認も、色々なサービスが出てきました。

ポットやコーヒーマシーンの使用をメールで知らせるものからジンカンセンサーを使って、生活反応を検知するもの、そして緊急コールできるものなどほんとに色々あります。

でもアメリカのテレビを使った見守りのようなサービスはまだ聞いた事がないんですよね。

アメリカの高齢者見守りのひとつに、テレビを使用したものがあって、簡単に言うと、テレビのリモコンで緊急を知らせたり、メッセージを送ったりできるというもの。

スマホやパソコンは使えなくても、テレビは毎日見てるから使えるという老人は多いです。

だからそのリモコンに機能をつけたという感じです。

コールボタンを押すと通信相手のスマホやパソコンにアラートが送信されます。

ダイレクトに見守る側にコールできるんですね。

通院や服薬の時間を知らせるリマインダーも付いているので、薬の飲み忘れ、病院に出かける時間も教えてくれて便利です。

簡単なメッセージのやり取りができるのも素晴らしいなと思いました。

これからどんどん高齢化が進んでいくので、このようなサービスが日本にも導入されたらいいなと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト



nice!(0) 
共通テーマ:健康

宅配業者と連携した高齢者の安否確認 [高齢者の安否確認]

宅配業者と連携した高齢者の安否確認

高齢者の安否確認サービスにもさまざまなものがありますが、宅配業者と連携した見守りサービスにも先進的なものがあります。

ヤマト運輸と地元の商店と連携し、高齢者が注文した商品を配達するサービスがそのひとつです。

人口が減って、商業施設が閉鎖したり、バスの本数が減って、買い物もままならなくなり、買い物難民と呼ばれる現象も起きています。

そんな買い物が大変な高齢者にとってはとても助かるサービスですが、単に注文品を届けるというのではなく、商品を届けたときに、セールスドライバーが高齢者の様子を確認し、異変があれば関係行政機関に連絡してくれるというものです。

そのサービスをさらに進化させたのが北海道幌加内町の事例です。

幌加内町では見守り対象となる65歳以上の世帯に商品が掲載されたカタログと情報端末を配り、情報端末を使って注文すると、翌日の夕方には注文ひた商品が届くというサービスです。

そしてその情報端末にはセンサーが内蔵されていて、動きをチェックする事で安否確認ができるというシステムです。

北海道は1軒1軒が離れている地域も多いので、こうしたドライバーによる安否確認と、センサーによる安否見守りのセットはよく考えられているなと思いました。

特にヤマト運輸は担当ドライバーがある程度固定しているので、高齢者の普段を知っている人も多くて、心強いと思います。

サービスとして全国で展開するのは難しいかもしれませんが、このような輪が、少しづつ広がっていくといいなと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

nice!(0) 
共通テーマ:健康

年を取ったらティータイム・おしゃべりタイムが大事です [老人の病気]

年を取ったらティータイム・おしゃべりタイムが大事です

年を取ってくると、食は何よりの楽しみとなります。

そして、気持ちを豊かにするティータイムもとても大事です。

高齢者施設などでは、おやつも食事の一環として考えているところが多いんですよ。

こまめに摂りたいビタミンやミネラルをフルーツで補ったり、お茶を飲みながら、楽しい雰囲気でおしゃべりできると、気分もなごみ、全体の雰囲気もよくなるものです。

年を取ると咽喉が渇きやすくなるのに、自分では咽喉の乾きに気が付かないことが多く、意識して水分を取らなければ、脱水状態になることだってあるので、定期的に水分補給する為にも、お茶の時間を設けるのは理にかなってるといえますよね。

食事だけでなく、お茶の時間、ティータイムは、時間の区切りやちょっと一息というだけでなく、けっこう大事という事です。

黙って1人でお茶を飲んでもいいけれど、楽しくおしゃべりをすると気分も変わりますし、咽喉を鍛えることにもなって、誤嚥予防にも役立ちます。

高齢者の死亡原因の上位にランクする誤燕性肺炎は、のどの筋肉の衰えから、間違って気管に食べ物や飲み物が入ることで引き起こされる肺炎です。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者の認知症対策に「キンセイ」 [認知症と徘徊]

高齢者の認知症対策に「キンセイ」

高齢者、特に認知症の徘徊の見守り対策に利用できる「キンセイ」というサービスを知ってますか?

高齢者の徘徊対策だけでなく、子供の見守りにも使える優れものです。

どういうサービスかというと、小型の「キンセイ」端末を、子供や高齢者がかばんやランドセルなどに付けて持ち歩くことで、スマートフォンのアプリから位置情報を確認できるというもの。

簡単に言うと、居所、居場所がわかるというものです。

キンセイの特徴はBeacon技術を採用している点です。

サポーターとなってくれる人がスマートフォンにアプリをインストールする事で、スマートフォンを自動的にBeaconの位置情報取得のためのセンサーネットワークとして利用するんです。

もっと簡単に言うと、キンセイ自体の電波は20mから30mくらいしか飛ばないけど、アプリをインストールしている人と近づく事で居場所を確認できるというもの。

サポーターと呼ばれる、スマートフォンにアプリをインストールしている人が多ければ多いほど正確な情報となるわけです。

ランドセルやバッグにつけて持ち歩くだけでいいので手軽だし、価格は5500円ほどです。

ネックは、人が少ない所では意味が無いという点。
都会でしか使えないサービスです。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」


nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者の医療費問題 [高齢者を取り巻く問題]

高齢者の医療費問題

高齢者の医療費をめぐる様々な意見が出ています。

保険料の見直しもそうですが、治療薬をジェネリックにするとかしないとかも含めて、医療費があまりにも膨らみすぎてるという問題です。

どちらがいいとは一概には言えませんが、老人側からしてみると、今まで1割負担だったものが急に2割になるのは生活を直撃するというもの。

それも分りますよね。

様々な形で収入がある人は別ですが、年金生活を送っている場合は、入ってくるお金は変わらなくて、支出が増えるわけですから…

ただ、健康保険料を支払う若者が減ってきている事を考えると、痛み分けという考え方もあります。

あとは、お薬に関しては、基本がジェネリックで、ジェネリックが嫌な場合は差額を支払うとか、できないかなと思ったりします。

皆同じに年を取るわけですから、自分だけという事ではないので、よい解決策が見つかればと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

パナソニックのセンサー型の高齢者見守り [高齢者安否見守り]

パナソニックのセンサー型の高齢者見守り

パナソニックも高齢者の見守りサービスに進出してきているとは知りませんでした。

2017年9月から、遠隔で見守りや在宅ケアをサポートできるシステムを愛知県で検証し始めているというニュース記事を読んで驚きました。

人感センサーを使った見守りでは、単身や夫婦のみの計約10世帯に、人感センサーやドアの開閉を検知する機器を設置するほか、睡眠時の体の動きから就寝時間や深夜の目覚めなど睡眠のリズムを把握し、見守るというサービスの検証です。

今回の遠隔見守りの検証以前にも、すでに、エアコンとセンサーを有料老人ホームなどに設置して入居者の体調や安否を確認するサービスを始めています。

そして今回はそのサービスに加え、さらにセンサーや機器の種類を増やし、遠隔で自宅での見守りができるようサポートするという試みに進化しています。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(1) 
共通テーマ:健康

セコムのドクターウオッチってどう? [高齢者安否見守り]

セコムのドクターウオッチってどう?

セコムが開始した老人向けの安否見守りサービス「ドクターウオッチ」、なかなか評判言いようですね。

首から提げるペンダント型と違ってリストバンド型なので、ぶらぶらしないし、一体感があるので付け忘れもなく、緊急時にもすぐに使える便利さがあります。

緊急通報だけでなく、時計としても使え、また日々の生活リズムを蓄積して異常があった場合に知らせてくれるという安心感もあります。

特に転倒時や、発作で動けなくなったときに自動で通報してくれるのは安心感があります。

リストバンド型の端末自体には、セコムへの通信機能がないので、ホームセキュリティーのパネルを通しての連絡通報という形態になります。

そのため、セコムのセキュリティーとセットでしか使えないのがネックです。

セコムは高いのでは?というイメージがありますが、シニアサポートも充実してきていて、家電での見守り湯沸かしポットでの見守りとそう変わらないコストで利用できるプランもあります。

まずは情報を集めることからはじめてみるとよいかもしれません。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

はなれて暮らす親の健康状態が心配 [高齢者安否見守り]

はなれて暮らす親の健康状態が心配

同居していたわけではなくても、高齢の親の近くに住んでいることで、お互い安心感を持てることって多いと思います。

何かあったときにはすぐに駆けつけてくれたり、ちょっとした行き来があれば、生活の様子も分りますから。

でも転勤など、仕事の都合で遠方で暮らすことになると、ひとり暮らしをしている高齢の親は日々気になると思います。

母親であっても、父親であっても、親は側にすると、ちょっと位のことで連絡するのはやめとこうといったように、具合が悪くても連絡せずにひとりで我慢して、早く言ってくれればよかったのに…というようなケースも多く耳にします。

60代はまだまだ元気でも、70代になると体力的にも急激に変化が見られるようになって行きます。

年をとっても、住み慣れた自宅で暮らしたいと思っているのであれば、早い時期に室内の段差をなくしたり、高齢者でも住みやすい家にリフォームすることも大事です。

また、急な発作で倒れていないか、つまずいてで転んだり、身動きが取れない状態になっていないかは、人感センサーなどで生活のリズムの見守りを加えていくこともひとつです。

5年後、10年後を考えながら、親の見守り を考えていくとよいと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(1) 
共通テーマ:健康

カメラつき安否見守りはプライバシーの侵害? [高齢者安否見守り]

カメラつき安否見守りはプライバシーの侵害?

離れたところに住んでいる親が、ひとり暮らしで高齢になってくると、気がかりな方も多いと思います。

階段で転んではいないか、風呂場で倒れてはいないか、脳卒中、心臓病、転倒、怪我…若い頃はなんでもなかったことが、年を取るとちょっとした段差でつまづいたり、倒れて骨折、動けなくなったりするものです。

そんなひとり暮らしの高齢者の安否見守りシステムも様々なものが出てきました。家電による見守り、象印のiポットはけっこう有名ですよね。

新しいところで、熊のぬいぐるみを使った安否見守りがあります。

ぬいぐるみに様々な機能を搭載し、生活を見守る というもの。

クマのぬいぐるみ にはカメラが組み込まれていて、室内の様子などをカメラを通して知ることができます。

胸に取り付けてあるボタンを押すと、緊急通報できる仕組み。

胸のボタンを押せば、設定登録しておいた最大9人の登録者に、次々と連絡を入れる仕組みです。

ひとり目が応答しなければ次の登録者へ連絡してくれるので、9人登録しておけば、誰かに連絡が付くのではないでしょうか。

もし相手が留守番電話だった場合も次の連絡者へ…と順じ連絡し、確実に連絡が取れるまで通報してくれるます。

価格は3万円くらい。
設置費用がかからないので導入しやすいともいえます。

ただ、カメラで見守るということ事態を受け入れない高齢者もいます。

セコムでも、以前はカメラによる見守りを行っていましたが、今はあまり力を入れていないようです。

ウエブカメラを使った見守りは、留守にしている時のペットの見守りならまだわかりますが、人の安否を見守るのにカメラは、なかなか難しいところもあるのではないかと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム


nice!(1) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -