So-net無料ブログ作成
検索選択
高齢者住宅 ブログトップ

介護リフォームするか老人施設に入居するか [高齢者住宅]

介護リフォームするか老人施設に入居するか

介護リフォームも手すりの取り付け程度でしたら費用も安く済みますが、大掛かりなリフォームをする場合は、何度も家族と話し合う必要があります。

これから先の暮らしを、自宅で過ごすのか、老人ホームなどの高齢者施設にするのかという点です。

リフォームも大掛かりなものになると数百万円かかりますし、施設に入居するのであれば、リフォームも必要ないわけです。

ただ、介護度が進んでくると、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅には住み続けられなくなるのがほとんどです。

なので、これからどういう生活を送って行きたいのか、高齢者見守りサービスや安否確認システムを使って自宅で過ごすのか、高齢者施設、老人ホームに入居するのか、ある程度元気なうちから考えておく事が大事です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

サービス付き高齢者向け住宅のメリット [高齢者住宅]

サービス付き高齢者向け住宅のメリット

サービス付き高齢者向け住宅のメリットは
高齢者が契約しやすい
高齢者が住みやすい
入居者の権利が守られている
特定施設生活介護の指定を受けた施設もある
選択肢が多い
 
などが挙げられます。

有料老人法務は入居一時金が高額だったり、高専賃、高優賃は廃止になっているので、高齢者専用住宅の選択は、「サ高住」に絞られているのが現状です。

民間運営ですが、認可登録された賃貸住宅で、入居できる年齢の制限があったり、受け入れる高齢者は、自立或いは軽度の介護者に限られています。

そのため、介護度が上がった場合はほかの高齢者施設へ入りなおすことになります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
高齢者住宅 ブログトップ