So-net無料ブログ作成
検索選択
高齢者施設 ブログトップ

入居一時金の廃止で変わる高齢者施設 [高齢者施設]

入居一時金の廃止で変わる高齢者施設

入居一時金が廃止になって、有料老人ホームの経営も大きく変わってきました。

以前の有料老人ホームとは別に、サ付き住宅が増えてきたのも大きな影響があるようです。

高齢者施設の「利用権契約」から「賃貸方式契約」への転換は、初期償却などの退去時の金銭的なトラブルや介護度が進んで施設での生活が続けられなくなったときの対応などさまざまな問題が多く浮上したところにあります。

利用権契約にも好いところは沢山ありましたが、やはり初期償却の額をめぐって、利用者の家族ともめるケースが多かったのも事実です。

賃貸方式に変わってから、入居一時金は無くなりましたが、利用料金の全能制度を行なっている施設も多くあります。

その場合は、一定期間経過後は前納金で賄っていた不足分を追加徴収することになります。

途中から月額にかかる費用の負担が大きくなることもあるので検討のときに注意しておきましょう

高齢者施設 ブログトップ