So-net無料ブログ作成
老人介護施設について ブログトップ

介護職は外国人が多くなる? [老人介護施設について]

介護職外国人が多くなる?

人口の4人に1人が65歳以上という現在、あと数年で3人に1人が65歳以上になるという。

日本は超高齢化社会を迎えているのだ。

街を歩く人を眺めても、明かに若者の数が少ないことに気がつく。

当たり前だ

4人に一人が65歳以上なのだから。

一昔前は、農村に行くと年寄りばかりという光景だったが、今は街中でも日中に歩いている人は老人が多い。

テレビのニュースを見ていると、老老介護のニュースがあっていた。

もしこのまま高齢化が加速すれば、老老介護か、外国人の介護職を受け入れるしかないのかと思ってしまった。

今は、スーパーに行っても中国人、韓国人、フィリピン、ベトナム、ネパールなど、さまざまな国の人たちがレジに並んでいる。

10年前では考えられない光景だ。

街中だけでなく、農村部に行っても同じ光景に出会う。

国籍で差別するわけでも何でもないけれど、こ れから介護を受けることになった場合、もう外国人のてに任せるしかないのかという考えが頭をよぎってしまう。

高齢になっても老人施設には入らず、一人で暮らすことを選択する人も増えている。

今は若くても、人は皆平等に年をとっていく。

どんな老後を送りたいのか、自分だったら何を選択するのか、自分なりに考えておく必要がありそうだ。

※高齢者の見守りについて詳しいサイト紹介
 高齢者見守りアルソックセコムを比較
 高齢者見守り比較サイト

nice!(0) 
共通テーマ:健康

老人介護施設、ホームの職員の言葉使いでわかること [老人介護施設について]

老人介護施設、ホームの職員の言葉使いでわかること

「お一人お一人の人格を尊重した言葉遣いで対応いたします」
という老人介護施設のcmを見てて違和感を感じました。

わざわざCMで流すということは老人介護施設では、人格を尊攘した言葉遣いをしていない施設が多いということです。

実際、子供のように扱ったり、馬鹿にしたような言葉遣いで接するところもあります。

これは職員のレベル、資質にもよりますが、施設自体の方針に問題がある場合が多いといえます。

いくら歳をとっても、介護度が進んでも、人権を尊重した対応を受けることは大事です。

ホームの見学で職員が発する入居者への言葉遣いは、一つ一つ耳を傾け、聞いておきましょう。

入居が決まれば、自分が対応を受ける立場になるのですから…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

老人介護施設の見学ポイント「ニオイ」でわかること [老人介護施設について]

老人介護施設の見学ポイント「ニオイ」でわかること

老人介護施設では、施設に入ったとたん、消毒薬のにおいや、異臭が漂うところが少なからずあります。

どんなに新しい施設でも、異臭がするホームは、人員が確保できていないことを意味します。

ホームに入ったとたん、消毒薬のにおいを強く感じる場合は、汚物処理が適切な時に適切にいこなわれていないということ。

おむつ交換の間隔が長く、パンパンに膨れたオムツをはめているなど、人員が少ないと手が回らないことが多くなってくるのです。

老人介護施設の見学では、施設に入った時、居室、食堂、浴室(お風呂)、廊下、などポイントを決めてニオイもチェックしておきましょう。

自分が入るかもしれなくなる施設なのですから、衛生面に力を入れていない老人介護施設は感染症などのリスクもでてくるので注意が必要です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
老人介護施設について ブログトップ