So-net無料ブログ作成
高齢者の安否確認 ブログトップ
- | 次の10件

フォトスタンドで高齢者を見守る「ミマモリエ」 [高齢者の安否確認]

フォトスタンドで高齢者を見守る「ミマモリエ」

ちょっと面白い見守りサービスが、フォトスタンド型のモーションセンサーで高齢者の見守り・安否確認を行うサービス「ミマモリエ」。

モーションセンサーだけでなく、緊急ボタンもあって、緊急対応コールボタンで見守者側に通知も可能です。

センサー見守り方の安否確認なので、センサーで感知した情報を、定期的にメール送信してくれます。

フォトスタンド方なので、家族の写真などで設定しておくと、ほんとに家族から見守られているように感じるのではないでしょうか。

最近の高齢者を対象にした安否確認システムは、このようにセンサーを使用して生活反応をメール通知するタイプが増えてきました。

象印ポットが始めた、「iポット」が先駆けかと思いますが、料金的にももっとリーズナブルな価格で同様のサービスを提供する会社も出てきています。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ニシケイの見守りサービス「シルバーふくろうくん」 [高齢者の安否確認]

ニシケイ見守りサービス「シルバーふくろうくん」

「ふくろうくんQ」は「ニシケイ」が「九電ホームセキュリティ」から事業を継承して提供している高齢者見守り・安否確認サービスです。

料金体系も手頃で、2タイプの見守りが選べます。
1 メール見守りタイプ
レンタルプランの場合、月額2000円(税別)
非常ボタンとセンサーを使った生活リズム反応で見守り

2 駆け付けタイプ
レンタルプランの場合、月額3500円(税別)
駆けつけ依頼があればオプションで対応


緊急時には即座にメール通知されるため、画像確認などにより警察への連絡など速やかな対応が可能です。

さらに警備員の駆けつけを依頼することもできます。

見守りカメラを使用しているのもニシケイの特徴のひとつです。録画した映像は登録された方々のみが見ることができるようなシステムになっているので、プライバシー保護も行き届いてます。

ポットの使用での見守りでさえ月額3000円かかるのを思えば、とてもリーズナブルで行き届いたサービスではないでしょうか。

ただ、ニシケイは福岡の会社なので、見守られる側が福岡在住の方に限られるのがネックです。

全国展開ならば、セコムアルソックなどのサービスがおすすめです。




nice!(1) 
共通テーマ:健康

アイテックの高齢者見守りサービス「みまも郎」 [高齢者の安否確認]

アイテックの高齢者見守りサービス「みまも郎」

高齢者の見守りサービスも色々なものが出てきました。

サービス内容も、料金もそれぞれですが、アイテックの安否確認サービス「みまも郎」はさまざまなセンサーを使用したサービスです。

見守られる側の高齢者の自宅に、照度センサー、あけしめセンサー、人感センサー、温湿度センサー等を設置して24時間安否を確認します。

見守る側には、1日の生活反応を集計したものをメールで通知するシステムです。もちろんベルが押された時や、熱中症が心配される時などは警報メールも配信されます。

ただ、カメラを設置するわけではないので、えいぞうとしてみれません。

駆けつけもできないので、センサーのみで安否を確認するという方法になります。

初期費用がかかる会社と、アルソックのように初期費用0円タイプを設定している会社など様々です。

大事なのは見守られる側にどのようなサービスが必要かということ。

プライバシーの関係もあるので、カメラを設置するなどの監視型の見守りはあまり好まれないようです。

※緊急駆けつけサービスもあるアルソックセコムの安否確認もオススメです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

電気ポットで高齢者の安否確認(みまもりほっとライン:象印) [高齢者の安否確認]

電気ポットで高齢者の安否確認(みまもりほっとライン:象印)

象印マホービンが行っている高齢者見守り安否確認システムが「みまもりホットライン」です。

見守られる側の高齢者が無線通信機を内蔵した ポットを使用することで、使用状況を見守る側に1日2回メールで通知します。

電気ポットは新しいものが届きます。

初期費用と、月額使用料が必要です。

夏場はポットの使用頻度は少ないかと思いがちですが、高齢になると冷たい飲み物よりも、夏でも暖かいものを好む人が多いのでその点の心配は余ないようです。

ただ、ポットの利用状況をメールで通知するだけで月額使用料が必要なので、携帯電話を使っている高齢者であれば、携帯電話を使った無料のみまもりサービスもあるので、そちらもあわせて検討なさってはと思います。

セキュリティ会社のアルソックセコムにも安否確認・高齢者見守りサービスがありますので比較してみるのもよいですね。

nice!(1) 
共通テーマ:健康

離れて暮らす親が心配ではないですか? [高齢者の安否確認]

離れて暮らす親が心配ではないですか?

高齢の親を持つ人なら、
離れて暮らす親の心配をしない人はいないと思います。

特に80を越えると体力だけでなく
身の回りのことが十分できなくなる人が多いから。

血圧や糖尿、ひざの痛みや心臓病など
持病のある親なら直のこと心配ですよね。

何かあったときに、すぐに駆けつけられる距離に済んでいるのなら、心配はしてもそれなりに安心だけど、遠距離だとすぐに駆けつけられない、見に行く事ができないという不安があります。

高齢者の見守りサービスや、安否確認サービス、最近は様々なものが出てきているので、上手く利用していくのもひとつでしょう。

でもいくら機械的なもので見守ったとしても、最終的には誰かが確認に行かざるをえないのが現実ではないでしょうか。

そうなった時に安否確認をそのように行うのか、日頃から対策を考えておく必要があると思います。

ポットの使用量で見守るのもひとつですが、それなら必ず手渡しで安否を確認してくれる「宅配弁当」の方がいいかも・・・。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

安否確認つきの宅配弁当もいいですよ… [高齢者の安否確認]

安否確認つきの宅配弁当もいいですよ…

高齢になると、火の始末も大変だし、買い物も億劫、一度作ると同じものを何度も食べなければならなくっていや…

それで高齢者向け宅配弁当を利用する方も増えてきました。

カロリーや塩分を控えたものや、キザミ食対応だったりと、至れり尽くせりの内容とメニューです。

値段も500円前後からと利用しやすくなっているのも人気の理由です。

それに、宅配弁当なので、配達の時に安否確認してもらえるという見守りサービス付きなのも利用者の安心に繋がっているようです。

「まごころ弁当」だったと思うけど、弁当の配達がない日でも、料金を払えば、配達時間と同じ時間帯ではありますが、安否確認だけでもしてもらえるサービスもありました。

味もよくてとても親切なので結構お勧めです。

nice!(0) 

老人向け宅配弁当で安否確認 [高齢者の安否確認]

老人向け宅配弁当安否確認

高齢者の宅配弁当は、安否確認を行なってくれるものや、カロリーに配慮したもの、ムース食など、生活スタイルに合わせた選択ができるようになってきました。

高齢になると、持病を持っている人がほとんどで、血圧が高いので塩分を控えなければならなかったり、糖尿病でカロリー制限があったりと、それそれ事情があることが多いです。

そんなニーズに応えるような高齢者向けの宅配弁当もあって、利用者が拡大しているんですね。

高齢者用の宅配弁当というと、「ワタミ」「日食」などが有名ですが、「まごころ弁当」も最近利用者が増えているようです。

上記のような生活スタイルに合わせた「小町」「普通食」「カロリー調整食」「低たんぱく食」「ムース食」など5種類の弁当の他、安否確認サービスも行なっているからです。

弁当の配達がない日でも有料で、昼夜2回、安否確認にまわってくれるサービスもあって、ありがたいです。

昔の弁当と違って、毎日食べても飽きないような味付けの工夫や、見た目、栄養バランスも考えられているので一度利用してみて、良ければ続けていくというのもいいかもしれませんよ!

安否確認サービスについて詳しくは、まごころ弁当に
問い合わせてみると良いでしょう。

トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
- | 次の10件 高齢者の安否確認 ブログトップ