So-net無料ブログ作成
検索選択

象印の見守りポット「みまもりほっとライン」 [高齢者の安否確認]

象印の見守りポットみまもりほっとライン

象印の見守りポット「みまもりほっとライン」は象印が始めた高齢者の見守り安否確認サービスです。

みまもりほっとラインが出た当初は、高齢者を対象にした見守りサービスもあまりなく、画期的なサービスだった記憶があります。

離れた場所に住む人入り暮らしの親の安否が気になるものの、しょっちゅう電話するのもあれだし、元気でいることを自動的に知らせてくれるような見守りサービスは…という時に紹介され、利用者も急激に伸びました。

見守りポットは難しい工事も不要で、見守る側のメールアドレスを登録することで定期的にポットの利用状況が配信されるので、見守る側も見守られる側もストレスなく、さりげなく安否確認できるというメリットが受け入れられました。

ただ、ポットだけでなく、ガスなどの利用状況を知らせる安否確認サービスは、使用状況がわかるだけで、何か緊急事態があった時に対応してくれるわけではないということを認識しておかなければなりません。

緊急時に駆け付けることができる場所に家族がいる場合には、程よい見守りになると思います。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ささえあい(千葉通信システム)高齢者安否確認サービス [高齢者の安否確認]

ささえあい(千葉通信システム)高齢者安否確認サービス

千葉通信システムの高齢者安否確認サービス、「ささえあい」って知ってますか?

高齢者安否確認サービス、「ささえあい」は、身内や登録してある人のほか、異常を感知したら屋外に設置した回転灯を点滅させ、近隣住民の方々に気付いてもらうという他にないシステムだと思います。

他の高齢者見守りサービスと比べると、一歩進んだ見守りのように感じます。

トイレ玄関・居間等に取り付けたセンサーで見守り・安否確認して、センサーが一定時間反応しない場合異常と判断し、回転灯が点灯するそうです。

ただ防犯上、老人の一人暮らしであることが一目瞭然でわかってしまうのはネックだと思うものの、回転灯が点灯すればわかりやすいだろうなと思いますし、いち早く対応してもらえると思います。

オプションで電話線を通じての通報も可能だそうです。

千葉でしか利用できないのが残念と思うくらいいサービスだと思います。

セキュリティ会社のアルソックやセコムにも安否確認・高齢者見守りサービスがありますので比較してみるのもよいですね。

nice!(0) 
共通テーマ:住宅

フォトスタンドで高齢者を見守る「ミマモリエ」 [高齢者の安否確認]

フォトスタンド高齢者を見守る「ミマモリエ」

ちょっと面白い見守りサービスが、フォトスタンド型のモーションセンサーで高齢者の見守り・安否確認を行うサービス「ミマモリエ」。

モーションセンサーだけでなく、緊急ボタンもあって、緊急対応コールボタンで見守者側に通知も可能です。

センサー見守り方の安否確認なので、センサーで感知した情報を、定期的にメール送信してくれます。

フォトスタンド方なので、家族の写真などで設定しておくと、ほんとに家族から見守られているように感じるのではないでしょうか。

最近の高齢者を対象にした安否確認システムは、このようにセンサーを使用して生活反応をメール通知するタイプが増えてきました。

象印ポットが始めた、「iポット」が先駆けかと思いますが、料金的にももっとリーズナブルな価格で同様のサービスを提供する会社も出てきています。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

ニシケイの見守りサービス「シルバーふくろうくん」 [高齢者の安否確認]

ニシケイ見守りサービスシルバーふくろうくん」

「ふくろうくんQ」は「ニシケイ」が「九電ホームセキュリティ」から事業を継承して提供している高齢者見守り・安否確認サービスです。

料金体系も手頃で、2タイプの見守りが選べます。
1 メール見守りタイプ
レンタルプランの場合、月額2000円(税別)
非常ボタンとセンサーを使った生活リズム反応で見守り

2 駆け付けタイプ
レンタルプランの場合、月額3500円(税別)
駆けつけ依頼があればオプションで対応


緊急時には即座にメール通知されるため、画像確認などにより警察への連絡など速やかな対応が可能です。

さらに警備員の駆けつけを依頼することもできます。

見守りカメラを使用しているのもニシケイの特徴のひとつです。録画した映像は登録された方々のみが見ることができるようなシステムになっているので、プライバシー保護も行き届いてます。

ポットの使用での見守りでさえ月額3000円かかるのを思えば、とてもリーズナブルで行き届いたサービスではないでしょうか。

ただ、ニシケイは福岡の会社なので、見守られる側が福岡在住の方に限られるのがネックです。

全国展開ならば、セコムアルソックなどのサービスがおすすめです。




nice!(1) 
共通テーマ:健康

アイテックの高齢者見守りサービス「みまも郎」 [高齢者の安否確認]

アイテックの高齢者見守りサービス「みまも郎」

高齢者の見守りサービスも色々なものが出てきました。

サービス内容も、料金もそれぞれですが、アイテックの安否確認サービス「みまも郎」はさまざまなセンサーを使用したサービスです。

見守られる側の高齢者の自宅に、照度センサー、あけしめセンサー、人感センサー、温湿度センサー等を設置して24時間安否を確認します。

見守る側には、1日の生活反応を集計したものをメールで通知するシステムです。もちろんベルが押された時や、熱中症が心配される時などは警報メールも配信されます。

ただ、カメラを設置するわけではないので、えいぞうとしてみれません。

駆けつけもできないので、センサーのみで安否を確認するという方法になります。

初期費用がかかる会社と、アルソックのように初期費用0円タイプを設定している会社など様々です。

大事なのは見守られる側にどのようなサービスが必要かということ。

プライバシーの関係もあるので、カメラを設置するなどの監視型の見守りはあまり好まれないようです。

※緊急駆けつけサービスもあるアルソックセコムの安否確認オススメです。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

電気ポットで高齢者の安否確認(みまもりほっとライン:象印) [高齢者の安否確認]

電気ポット高齢者安否確認(みまもりほっとライン:象印)

象印マホービンが行っている高齢者見守り安否確認システムが「みまもりホットライン」です。

見守られる側の高齢者が無線通信機を内蔵した ポットを使用することで、使用状況を見守る側に1日2回メールで通知します。

電気ポットは新しいものが届きます。

初期費用と、月額使用料が必要です。

夏場はポットの使用頻度は少ないかと思いがちですが、高齢になると冷たい飲み物よりも、夏でも暖かいものを好む人が多いのでその点の心配は余ないようです。

ただ、ポットの利用状況をメールで通知するだけで月額使用料が必要なので、携帯電話を使っている高齢者であれば、携帯電話を使った無料のみまもりサービスもあるので、そちらもあわせて検討なさってはと思います。

セキュリティ会社のアルソックセコムにも安否確認・高齢者見守りサービスがありますので比較してみるのもよいですね。

nice!(1) 
共通テーマ:健康

リフォーム融資の債務保証制度も充実してきました。 [介護リフォーム]

リフォーム融資債務保証制度も充実してきました。

高齢者住宅財団は「リフォーム融資の債務保証制度」も行っています。

自宅のバリアフリー化や耐震改修をしたいという方には見逃せない制度ではないでしょうか。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資に、高齢者(収入が年金のみ)という人でも利用しやすい特別なリフォーム制度があり、その保証人になってくれるというものです。

高齢者住宅財団のこの制度は、毎月の返済が利息だけとなり、月々の負担を低く抑えられるのが大きな特徴です。

他にも金利が固定金利なので、返済中に金利の変動があった場合の心配もないです。

元金は死亡時に一括返済。

相続人が一括返済できない場合は、担保提供している土地建物を処分する事で返済する事になります。

高齢者が自宅で安心して暮らすには、やはりハード面の充実も欠かせません。

特に一人暮らし の独居老人の場合、施設に入るか、自宅を住みやすく改修するかが多きな選択になると思います。

できれば自宅で暮らしたいと思っている高齢者も多いと思います。

安心して暮らせる住まいと、緊急時の見守り・安否確認、元気なうちから考えておきたいですよね。

資金不足でリフォームを諦めていた方にも、1つの選択肢として、利用できる制度ではないでしょうか。

※対象となる住宅は、一定の条件があるので、必ず高齢者住宅財団の公式サイトでご確認ください
nice!(0) 
共通テーマ:住宅

離れて暮らす親が心配ではないですか? [高齢者の安否確認]

離れて暮らす親が心配ではないですか?

高齢の親を持つ人なら、
離れて暮らす親の心配をしない人はいないと思います。

特に80を越えると体力だけでなく
身の回りのことが十分できなくなる人が多いから。

血圧や糖尿、ひざの痛みや心臓病など
持病のある親なら直のこと心配ですよね。

何かあったときに、すぐに駆けつけられる距離に済んでいるのなら、心配はしてもそれなりに安心だけど、遠距離だとすぐに駆けつけられない、見に行く事ができないという不安があります。

高齢者の見守りサービスや、安否確認サービス、最近は様々なものが出てきているので、上手く利用していくのもひとつでしょう。

でもいくら機械的なもので見守ったとしても、最終的には誰かが確認に行かざるをえないのが現実ではないでしょうか。

そうなった時に安否確認をそのように行うのか、日頃から対策を考えておく必要があると思います。

ポットの使用量で見守るのもひとつですが、それなら必ず手渡しで安否を確認してくれる「宅配弁当」の方がいいかも・・・。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者リフォームを考える時期 [介護リフォーム]

高齢者リフォームを考える時期

高齢になってくると、今まで簡単にできていたことが、簡単にできなくなってきます。

ちょっとした段差につまずく
階段の上り下りに時間がかかる
立ったり座ったりがスローになった
ひざが悪く正座ができなくなった
などなど

一人暮らしの高齢者にとって、転んだり急に具合が悪くなったりすることは死活問題…安否確認や見守りサービスを利用していなければ、誰かに見つけてもらうまでそのままになってしまうことだってあり得ます。

多くの場合、転んだり(転倒)怪我をして入院した後、リフォームを考える方が多いようです。

介護リフォームは、限度額はありますが助成金(補助金)が出るので、介護度の認定を受けられる人は助成金の制度を利用する人が多いです。

ココで用心したいのが、勝手にリフォームして、後から申請書を提出しても補助金は下りないということです。

介護リフォーム申請書の記入、見積書の提出など、手続きを踏まなければならないので注意が必要です。

地域包括支援センターなどで、ケアマネージャーさんに相談してみるとよいでしょう。

リフォームを行なう場合、見積もりは1社ではなく、いくつかの工務店から見積もりを取ることをお勧めします。

そうする事でリフォーム料金の目安も分かりますし、値段の交渉もしやすくなると思いますよ!


nice!(0) 

高齢者向け宅配弁当(ワタミ) [高齢者向け宅配弁当]

高齢者向け宅配弁当(ワタミ)

ワタミは高齢者を対象とした事業を展開していて、介護事業の参入はご存知だと思います。

他にも高齢者向けの宅配弁当(給食サービス)にも力を入れていて、新聞にも良く折込広告を入れています。

ワタミチェーンの居酒屋で安定した価格での食材を確保する独自のルートも確立しているので、比較的手頃な料金で充実したお弁当の提供が可能になっているようです。

以前は高齢者の見守り・安否確認も宅配弁当の目玉としていましたが、最近では見守り、安否確認の文字が見当たらなくなっているので、見守りサービスは継続しているのかどうかが定かではありません。

一時、安否確認の件で(裁判などで)もめたと言うニュースも耳にしましたが付随したサービスの難しさを感じたニュースです。

宅配弁当の安否確認は、セキュリティー会社の見守りとは違って、補助的なものだという認識で利用することが大事です。

そもそも弁当を届けた際に、手渡しで着たという程度の見守りなのですから。

それでも、弁当を配達してもらった上、元気な姿を確認して、異常を感じたら連絡してもらえると言うのは独居老人にとっては良いサービスだと思います。

※「まごころ弁当」と言う高齢者向けの宅配弁当サービスでは安否確認・見守りサービスも行なっていますよ!

nice!(0) 
共通テーマ:健康