So-net無料ブログ作成

時計型の高齢者安否見守りサービス [高齢者安否見守り]

時計型の高齢者 安否見守りサービス

セコムが高齢者向けに新しい安否見守りサービスを開始しました。

時計型(リストバンド型)の端末を身に着けることで万が一に対応する「セコムマイドクターウオッチ」というサービスです。

高齢になると、脳卒中や急な発作、階段での転倒や風呂場で転倒などもめづらしくありません。

「セコムマイドクターウオッチ」は、突然意識を失って倒れた場合や、体の動きを一定時間検出できないときにセコムに自動で救急通報してくれます。

転倒検知」「救急ボタン」がついているので、自分で救急通報することもできますし、一定時間で自動通報できるんですね。

時計型、リストバンド型なので身に着けやすく、扱いやすいのが大きな特徴です。

防水加工してあるので身に着けたままお風呂にもはいれます。

ただ単独では使えません。

かなりコンパクトな設計になっているからです。

利用するには、セコムのホームセキュリティに加入し、ホームセキュリティーのコントローラーを経由して連絡します。

外出先で使用する場合は、スマートフォンのアプリと連携して使用することになります。

気になる使用料ですが、月額900円(税別)
ホームセキュリティーをどのプランにするかで総額が変わってきます。

ただ、自宅への緊急駆けつけは無料なので、それを考えると決して高いとは言えないかもしれません。

まずは情報収集から始めてはどうでしょうか

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
nice!(0) 
共通テーマ:健康

介護職は外国人が多くなる? [老人介護施設について]

介護職外国人が多くなる?

人口の4人に1人が65歳以上という現在、あと数年で3人に1人が65歳以上になるという。

日本は超高齢化社会を迎えているのだ。

街を歩く人を眺めても、明かに若者の数が少ないことに気がつく。

当たり前だ

4人に一人が65歳以上なのだから。

一昔前は、農村に行くと年寄りばかりという光景だったが、今は街中でも日中に歩いている人は老人が多い。

テレビのニュースを見ていると、老老介護のニュースがあっていた。

もしこのまま高齢化が加速すれば、老老介護か、外国人の介護職を受け入れるしかないのかと思ってしまった。

今は、スーパーに行っても中国人、韓国人、フィリピン、ベトナム、ネパールなど、さまざまな国の人たちがレジに並んでいる。

10年前では考えられない光景だ。

街中だけでなく、農村部に行っても同じ光景に出会う。

国籍で差別するわけでも何でもないけれど、こ れから介護を受けることになった場合、もう外国人のてに任せるしかないのかという考えが頭をよぎってしまう。

高齢になっても老人施設には入らず、一人で暮らすことを選択する人も増えている。

今は若くても、人は皆平等に年をとっていく。

どんな老後を送りたいのか、自分だったら何を選択するのか、自分なりに考えておく必要がありそうだ。

※高齢者の見守りについて詳しいサイト紹介
 高齢者見守りアルソックセコムを比較
 高齢者見守り比較サイト

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者見守り「まごころLivOn」知ってますか? [高齢者の安否確認]

高齢者見守り「まごころLivOn」知ってますか?

1人暮らしの高齢者を対象としたの見守り安否確認サービスも色々なものが出てきて充実してきました。

でも反面どのサービスを利用したら言いか迷ってしまうという声も良く聞こえてきます。

見守りというと、カメラを使った安否確認を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

カメラによる見守り安否確認は、ダイレクトでわかりやすい気もしますが、見守られる側にもプライバシーがあります。

1日中カメラで監視されているようなものですからね。

高齢者も見守りサービスを大きく分けると4つに分類されます。

1.ポット・ガス・コーヒーメーカー
 などの使用量による見守り

2.居間やトイレなど頻繁に通る場所に設置したセンサーによる見守り

3.カメラによる見守り

4.緊急ボタンによる見守り

「まごころLivOn」は②のセンサーによる見守りです。

今何をしているのかがカメラやセンサーで特定できるわけではないので「監視されている感」がなく、見守られる側も自然で気にならないという声が多いです。

どのように見守るかというと、
「まごころLivOn」4つのセンサーで生活のパターンを分析します。

室内での“動き”を蓄積し、処理し、レーダーチャートで生活パターンを表示します。

通常とは違う動きがあった場合、異常事態を簡単に把握できるというわけですね。

通常センサーを使った見守りはネット環境が必要ですが「まごころLivOn」はプロバイダ契約も不要で、導入が手軽です。

通信は大手通信会社の3G回線を使用。
センサーを所定の場所に置いておくだけなので設置も簡単、装置の携行も装置の操作も必要ありません。

高いと思われがちなセコムやアルソックも、3000円くらいからと、手頃な価格で安否確認サービスを行っていることをご存知ですか?

年をとってきた親が気になりだしたら、まずは情報収集からはじめてみるといいと思います。

※有益な情報の多い高齢者の見守り比較サイトです。
 高齢者見守りアルソックセコムを比較
 高齢者見守り比較サイト


nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者にとって転倒骨折はそのまま寝たきりになる可能性も… [認知症と徘徊]

高齢者にとって転倒骨折はそのまま寝たきり になる可能性も…

高齢になると若いときのように歩けなくなるものです。何かに気を取られていたり、ちょっとしたものにつまずいて転倒したという話を良く聞きます。

高齢者、特に女性の場合、骨粗鬆の症状がある人も多く、転倒すると骨折してしまう人が多いです。

骨折で入院して、そのまま寝たきりになる人も多く、合わせて認知症になる人も多くいます。

足や腰を骨折すると、骨だけでなく、色んなところに波及してしまうんですね。

歳をとってからカルシウムをとっても遅すぎるという人もいますが、取らないより取った方がいいに決まっています。

牛乳や小魚、チーズ、そして適度の運動。
また骨を支える筋肉を付けるために、良質のタンパク質も摂取しましょう。

老人になるとお肉を敬遠する人もいますが、肉、魚、豆腐、は骨を支える筋肉の基となるので年をとっても体にはとても大事な栄養素です。

転倒骨折で寝たきり、認知症にならないよう、日々予防するとしたら、正しい食生活と適度な運動から始めると良いと思います。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

徘徊に対応したタグやアプリが出てきてます [高齢者の見守り]

徘徊に対応したタグやアプリが出てきてます

4人に1人が65歳以上という超高齢化社会の日本。

若い頃から健康に気を使ってきている方などは、体はすこぶる健康、でも認知症が…。

という方も多いようです。

体や足腰、心臓が丈夫で認知症になると、徘徊の心配が出てきます。

具合が悪ければ出歩く事もできませんが、足腰が丈夫だと、徘徊で思わぬ場所までいってしまうこともあるんですね。

家族はとても大変です。

認知症検査で症状が確認されたら、徘徊でどこに居る川からなくなる前に、様々に対策を考えておく事も大事です。

衣服や靴に名前や住所を書くことは、防犯上好ましくないです。

最近では、自治体が3次元バーコードの着いた名札シールを配布しているところもあります。

スマホなどでバーコードを読み取れば、各自肢体の連絡先が表示され、バーコードから家族へ連絡できるという仕組みなんですね。

徘徊先で帰る家が分からなくなり、そのまま施設で暮らしている老人もかなりの人数になってきているそうです。

何事も早めは辞めの対策が大事ですね!

nice!(0) 
共通テーマ:健康

西部ガスの駆けつけサービス(高齢者見守り) [高齢者の見守り]

西部ガスの駆けつけサービス(高齢者見守り

西部ガスリビングが行っている高齢者の安否確認サービス、1人暮らしの老人世帯には安心のサービスではないかと思います。

サービスの概要は、
自宅にいる時、身の危険を感じた時、体調不良などの緊急時にボタンを押すと、西部ガスリビングがすぐに駆けつけてくれるというもの。

ポットの使用量や、ドアの開閉があったかどうかをメールで知らせるだけの見守りサービスと違って、緊急時に駆けつけてくれるサービスはまだまだ少ないので、ポイントがグッと上がります。

緊急ボタンも、設置型とペンダント型があるので家の中で移動しても対応できるのが強みです。

ただ、ペンダント型はオプション料金が必要…

駆け付けと基本料金だけなら2000円程度ですが、オプションでサービスを追加していくと、月額料金もそこそこになります。

セコムやアルソックも高齢者の見守りサービスに力を入れていて、月額3000円ほどから利用できるのをご存知ですか?

高いというイメージがありますが、調べてみるといろいろなことがわかってきます。

見守りサービスを選ぶ時は、まずは情報を集める事からはじめてみてはどうでしょうか

セコムの見守り・アルソックの安否確認を徹底比較

高齢者見守りサービス比較
nice!(0) 
共通テーマ:健康

あんしんネットワーク(高齢者見守り・安否確認) [高齢者の見守り]

あんしんネットワーク(高齢者見守り 安否確認

東京のホームネットが提供している「あんしんネットワーク」と言う高齢者を対象とした見守りサービスをご存知ですか?

対応地域が東京に限られるんですが、都会だから対応できる優れた1人暮らしの高齢者安否確認サービスだと思います。

サービス内容は、緊急通報+健康・生活サポート。
緊急事態が発生した時の対応にスピード感があるのが特徴です。

見守られる側の高齢者が電話機に取り付けた緊急通報装置を押すと、「緊急事態発生」と自動音声が流れ、受信センターに連絡が発信されます。。

緊急通報を受けた受信センターは、走行中のタクシー、または待機中の支援車両に救援を指示し、すぐに緊急出動員を現場に急行させます。

到着した出動員は状況に応じて適切な指示・対応を行います。

救急車を呼んだり、センターとの連絡役も担います。

東京の街中であれば、タクシーの台数も多いと思いますし、すばやく対応できるのではないかと期待されます。

緊急通報の際、会話が出来ない状態でも、受診センターが現場の状況をつかめない場合でも、到着した緊急出動員が状況に応じた対応を行ってくれるのは心強いですよね。

対応地域は東京。

東京意外に住んでいる高齢者には、いくら良いサービスでも利用することができないところがとても残念です。

アルソックやセコムも高齢者の見守り安否確認サービスに力を入れています。

ホームセキュリティーのノウハウを活かし、緊急時に対応にも高い実績を持ちます。

月額料金が高いのでは…と思っていましたが、意外にもリーズナブルな価格(3000円前後)で高齢者見守り安否確認サービスを行っています。

想像していたよりも安くて驚きました。
やはり情報を集めてみるって大事ですね

高齢者見守りセコム アルソックを徹底比較

高齢者の見守り・安否確認サービス比較


nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者の安否確認サービスはどれを選ぶ? [高齢者の安否確認]

高齢者安否確認サービスはどれを選ぶ?

高齢者の見守りサービスも様々なものが出てきました。
でもいろいろ調べていくと、いくつかの型があって、だいたい4つに分類される事に気がつきました。

①機器の使用状況をメールで知らせる安否確認サービス
湯沸しポットの使用量、ガスの使用量、コーヒーマシーンの利用、トイレの水洗、などの情報をメールで知らせる。

②緊急ボタンの設置
見守られる側の居室に、緊急ボタンを設置し、ボタンを押すことで緊急を知らせる

③人感センサーによる安否確認
よく通る場所や居室、トイレのドア、などに人感センサーを取り付け、一定時間反応がなかった場合などに異常を知らせるメールを配信する

④見守りカメラによる安否確認
居間などにwebカメラを設置して、PCやスマホで画像確認する。(見守る側・見守られる側双方にネット環境が必要)


ほとんどの場合、月額料金は2000円~5000円ほどで、一般的には3000円くらいが多いように感じました。

ただ、どのサービスも、単体では心もとないように感じます。

それは、どれも緊急事態を知らせてくれることはあっても、駆けつけサービスはないというところです。

いろいろ調べてみると、セコムもやアルソックも、高齢者向けの安否確認サービスに力を入れているのを知りました。

大手セキュリティ会社なのでさぞかし高額だろうと思って見て見ると、月額料金は3000円前後から…。

そして緊急の場合は駆けつけサービスもあります。

緊急時の駆けつけサービスがついてこの価格は検討の余地がありますよね。

高齢者の見守り安否確認サービスは、まずは情報を集めてみて、比較検討するのも大事だなと思いました。

※高齢者見守りセコム アルソック 比較

nice!(0) 
共通テーマ:健康

周南マリコムの 安否確認サービス「さすがの早助」 [高齢者の安否確認]

周南マリコムの高齢者 安否確認サービス「さすがの早助」

周南マリコムが提供している高齢者を対象にした安否確認、見守りサービスが「さすがの早助」です。

高齢で1人暮らしの親を心配に思っても、仕事の都合で離れて暮らす人が増えている中、緊急時に対応してくれる高齢者の見守りサービスは、離れて暮らす家族にとってはとてもありがたいものです。

「さすがの早助」は利用できる地域は限られていますが、緊急時に対応してくれるので、ポットの使用量やガスの使用量、センサーなどの見守りと大きく違います。

ポットの使用量やガスの使用量、センサーなどの見守りにはやはり限界がありますから。

異常があったときや、緊急時に人が対応してくれるというのは大きな強みだと思います。

【さすがの早助対応地域】
山口県・広島県・島根県
福岡県・大分県・宮崎県・鹿児島県

【さすがの早助 サービスの概要】
・24時間の受付対応
・健康・生活サポート
・緊急通報
・安否確認


見守られる側の住居に緊急通報・健康相談ボタンを設置し、ボタンを押すことで相談や、緊急時に対応してもらえます。

ボタンを押せば「早助センター」につながり、看護師・保健師・栄養士を含む、専任オペレーターに、健康上の不安相談が出来ますし、安否確認としても利用できます。

ボタンは押したものの、話が出来ないといった場合でも緊急を察知し、救急車の出動要請を行ったり、家族への連絡も行ってくれます。

ただ、緊急時にボタンが設置してある場所まで到達できればいいですが、センサーによる見守り と違って、生活反応には対応していないところがネック。

やはり、緊急通報と生活反応などがわかるセンサーはセットで使って初めて安心できるのではないでしょうか。

セコムの高齢者向けサービスや、アルソックのシニアサポートはその二つを兼ね備えていながら、意外に手頃な料金で利用できるのをご存知ですか?

大手のセコムやアルソックでも高齢者見守り安否確認サービスは3000円くらいからとリーズナブルです。

ポットの見守りと変わらない料金で利用できるなんで意外ですよね。

発信拠点も多く、緊急時のノウハウが確立していますし、何より緊急時に要請したら直ちに安否を確認に向かってくれるところが大きなポイントです。

見守りサービスを選ぶ時は、やはりしっかり情報収集することが大事だと思います。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

「いまイルモ」センサーで安否確認 [高齢者の安否確認]

いまイルモ」センサーで安否確認

「いまイルモ」はセンサーを使った高齢者の見守り安否確認サービスです。

見守られる側(高齢者側)の良く利用する場所にセンサーを設置し、反応を感知することで安否確認を行います。

センサーは、よく利用する場所、たとえば玄関、トイレ、居間などに取り付けるケースが多く見られます。

センサーが反応した情報を、見守る側にネットを使って送信し、スマホやpcタブレット端末から確認ができます。

センサーによる見守りサービスはいまイルモ以外にも、さまざまな会社が行っているので、料金やシステムを比較してみるのもいいかもしれません。

ただ、月額使用料金はどこも似たようなかんじです。

最初の機器設置だけで、ランニングコストがかからないというところもありますが、ネットを使って配信する場合、見守られる側にインターネット環境がないと利用できない場合も多く、やはり一定の月額料金は覚悟しておいた方がいいでしょう。

セコムの安否確認サービスやアルソックの安否確認サービスも3000円くらいからあるので、比べてみるといいかもしれません。

緊急時に駆けつけてくれるのは、離れて暮らしているものにとってはとてもこころづいサービスです。

高齢者見守りセコムアルソックを徹底比較
nice!(0) 
共通テーマ:健康