So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

1人暮らしの老人の安否確認・安否見守り(郵便局) [高齢者の安否確認]

1人暮らしの老人安否確認・安否見守り(郵便局)

全国の郵便局で1人暮らしの高齢者の安否確認サービスが始りましたね。

月額費用が2500円(税別)で
月に1回30分ほど、
直接訪問して健康状態や困りごとなどを聞いてくれます。

解決してくれるわけではなく、
訪問した内容を離れて暮らす家族に知らせてくれるんです。

高齢者を対象とした安否確認サービスは、センサーを使ったものが多く見られますが、郵便局は地域の人たちと密着したサービスをしているので、直接訪問という形を取ったようです。

電話という方法もあるけれど、やはり直接会ってお話しするって大事ですよね。

訪問内容は、タブレット端末を持参して、決まった項目7つと、任意で選んだ質問ないよう3つ、合計10個を聞き取ります。

健康状態や食事は食べているか、などが基本の7つに含まれています。

任意で質問する内容は、あらかじめ決まっている23項目の中から選びます。

最近美容室にはいつ行ったか、最近病気やケガがなかったか、健康診断を受けているかなど23項目の質問事項も充実しています。

月に何度も訪問されるのも煩わしいと思いますが、これでは何かあった時に対応できるサービスとはいえませんよね。

もちろん駆けつけサービスも月額800円のオプションで付加できます。

ただ、センサーなどを使っているわけではないので、セコムやアルソックの外部業者に委託したサービスで、家族から要請があった場合、別料金(1回5000円)で安否確認に向かうというものです。

やはり緊急時の駆けつけは、ノウハウを持っているセコムやアルソックになるんですね…

セコムアルソックの見守りは、月額3000円からあるので、どちらを選ぶかはよく比較してみるといいと思います。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト
高齢者安否見守り「まもるっく」


nice!(1) 
共通テーマ:健康

シンプル操作でスピーディーな緊急通報(福祉電話シルバーホン) [高齢者の安否確認]

シンプル操作でスピーディーな緊急通報(福祉電話シルバーホン)

1人暮らしの高齢者人口が増えて、孤独死の増加が心配されています。

そんな1人暮らしの高齢者に対応した見守り電話システムがあるのをご存知でしょうか?

シルバーホン あんしんSVIという電話システムで、とてもシンプルな操作でスピーディーに緊急通報してくれるシステムです。

とても簡単な使い方で
緊急時に非常ボタンをワンプッシュするだけという手軽さです。

あらかじめ登録しておいた9カ所に、順じ緊急事態である通報連絡をしてくれます。

9ヶ所というのは、コールのみだったり、留守番電話だった場合、次々に登録の電話番号に連絡をつないでいき、確実に緊急事態を知らせると言う仕組みです。

9ヶ所あれば、家族以外にも協力していただける近所の方や、それこそ自治体の福祉課の方、コールセンターでもいいのではないでしょうか。

電話回線さえ通じていれば、加入電話、ISDNに加え、「ひかり電話(IP電話サービス)」どの電話でも回線を気にせず対応してもらえます。

各自治体も、緊急通報サービスのレンタルを行っていますが、シルバーホンは家族などあらかじめ登録してある電話番号に通報してくれるので、まず家族で対応できると言うところが強みです。

高齢者の安否確認サービスはさまざまなものが出ているので、どのタイプが一番あっているか、見守られる側の意見も取り入れながら取り入れていくといいと思います。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者の安否確認、北海道亀田郡七飯町の取り組み [自治体の高齢者安否見守り]

高齢者の安否確認、北海道亀田郡七飯町の取り組み

高齢者の安否確認に力を入れる自治体が増えてきました。
北海道亀田郡七飯町もそのひとつです。

北海道亀田郡七飯町の取り組みは、行政と近隣住民が連携して1人暮らしの独居老人の安否確認を行っています。

高齢者を見守るコミュニティ作りを目指し、IT技術を取り入れた見守りを行っているんですよ。

「いまイルモ」という安否確認の機器を見守られる高齢社宅に設置し、日常の生活や状況をセンサーでモニタリングすると言うもの。

何か異変があれば、町の職員や近隣の協力員がすぐに駆けつけてくれる仕組みになっています。

「いまイルモは」、現在の状況がわかるだけでなく、過去のデータをグラフ化してみることができるので、生活習慣の見直しや、行動パターンから、病気の予防にも役立ちます。

生活空間の中で、いに知で一番長くいる場所に設置しておくと
変化があったときにもわかりやすいです。

転倒で動けなくなった時、浴室で倒れた時でも、一定時間動きがないとセンサーが察知してくれるので早期発見につながります。

個人で設置しても、安否確認にいってくれる人がいなければ、設置していないのと同じ事。

自治体が緊急時に対応してくれると、大変心強いと思います。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:地域

高齢者の一人暮らしはこんなリスクが… [高齢者の安否確認]

高齢者一人暮らしはこんなリスクが…
高齢者の一人暮らしの人口は年々増加しています。
仕事の都合で離れて暮らす家族にとっては、日々心配だと思います。

高齢者の一人暮らしのリスクは、幾つもありますが、なかでも一番心配なのは転倒ではないでしょうか

歳をとってくると、どうしても足元がおぼつかなくなり、小さな段差でもつまづいてしまう事が多くなってきます。

とくに女性は一定年齢以上になると、男性に比べて骨が脆くなる骨粗しょう症の人が増えます。

そのため転倒すると、骨折しやすく、治りも遅いんです。

歳を取ってから骨量を増やす事はなかなか難しいのですが、やはりカルシュウムを摂取しつつ、運動で筋肉をつけていくことが転倒防止にもつながります。

もちろん筋肉を付けるためには偏った食事ではなく、肉や魚などの動物性タンパク質はとても重要…

ちょっと話がそれてしまいましたが、全てつながっているのです。

また持病がある人は、急な発作もリスクのひとつです。
持病がなくても、脳梗塞で倒れてしまうこともあります。

そして歳をとると咽喉に物を詰まらせやすくなりますよね。嚥下力が低下して、若いときのようにはいかなくなるんです。

ガスコンロも火の消し忘れに注意が必要です。高齢になったらガスではなく電磁調理器がおすすめです。電磁調理器は、一定時間で加熱が止まる用設定してあるものが多く、火の消し忘れも安心です。

電子機器になるので使い始めは操作が難しいと感じるかもしれませんが、操作はすぐに覚えますし、ガスコンロの消し忘れだけでなく、袖に火が引火する事もないです。

できれば早い内に電磁調理器に慣れてもらえるよう早い時期から電磁調理器に切り替えておくのもひとつの方法です。

また、災害時でも、電気はガスよりも早く復旧する点もおすすめの理由です。

ここ数年で、高齢者見守りサービスも充実してきました。

さまざま安否確認見守りサービスがありますが、どのサービスにもメリットでメリットがあるので、情報を集め、自分に何が必要か、よく検討する事が大事です。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

兵庫県では「徘徊」を使わないことに(認知症関連) [認知症と徘徊]

兵庫県では「徘徊」を使わないことに(認知症関連)

「徘徊」と呼ばないでほしい…
という本人達の要望があり、言い方を「道に迷っている」などの表記に変える自治体も出てきました。

兵庫県では、高齢者などの見守りネットワーク、SOSネットワークなどで「徘徊」を使わないと、手引書に明記するなどの動きが出てきています。

厚生労働省では、今のところ使用制限などの取り決めなどは行わないもの、「徘徊」と言われる認知症の方の行動が、無目的なものではないということは理解しているとの認識を示しています。

その上で、当事者の意見を踏まえ、新たな文書や行政説明などに「徘徊」は使わないとしています。

「徘徊」と言うと、やはりどうしても、困った人というイメージが消せないので、認知症の人たちからすれば、嫌な気持ちになるのは当然だと思います。

認知症高齢者の数は2015年時点で500万人。2025年には700万人に達するともいわれています。

言葉の言い換えも大事ですが、道に迷ったときの対策も、さらに充実したものが必要になってくるでしょう。

自治体の取り組み、さらには地域ボランティアだけでなく、地域全体で高齢者を見守ると言う意識が大事になってくると思います。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 

高齢者介護で虐待のニュースが流れると不安になる… [老人介護施設について]

高齢者介護で虐待のニュースが流れると不安になる…

高齢者施設での虐待のニュース、見ていてやるせない気分になります。

いつも感じるのは、表面化しているのは一部ではないかということ。

ほんとはもっともっと虐待があっているのではと思ってしまいます。

これからもっともっと高齢者が増えてくると、このような虐待のニュースも、珍しくはなくなるのでしょう。

それが恐ろしいです。特に認知症を患っているお年よりは、虐待されているということも分かってもらえないと思うし、体のアザや骨折でしかわからないと思うから。。

そう遠くない将来には3人に1人が65歳以上になるとおもうと、さらに不安は募ります。

お世話してくれる人自体がいなくなってしまうんですよね。

老人同士、助け合いながら暮らすしかないのかなぁ

社会全体の高齢化が進んだ時、どのような生活が待っているのか、想像することができません。

ただ、今のような便利な暮らしではなくなるのは確かでしょう。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

アメリカでは高齢者の28%が一人暮らし [高齢者の安否確認]

アメリカでは高齢者の28%が一人暮らし

高齢者の増加が深刻化しているのは日本だけではありません。

先進国はどこも同じ問題を抱えています。

経済が成長して、安定してきている国では、高齢者の増加と、住まいや健康、孤独死についての問題が必ずといっていいほど生まれています。

高齢化率14%のアメリカでは、すべての高齢者人口のうち28%が一人暮らし。あの広大な国土を持つアメリカで、1人暮らしの老人をどのように見守っているのでしょう。

アメリカでは、テレビにインターネット組み込み、パソコンやスマートフォント通信できるようにしたものもあるそうです。「Independa」という見守りシステムです。

インターネットやスマートフォンに不慣れなイメージがある高齢者ですが、それはアメリカでも同じ。

そこで普段から使い慣れているテレビを使って安否見守りができるシステムを構築したようです。

見守りテレビは、通常はテレビとして利用できて、ネット機能もチャンネル操作をする感覚で、リモコンで操作できるというもの。

ワンクリックで通信できるコールボタンは、とても便利。

このボタンをリモコンでクリックすれば、いつでも通信相手のパソコンやスマホの画面にアラートが表示されます。

他にも文字によるメッセージの送信や、家族との写真の共有もできます。

まだ日本に入ってきていませんが、家電メーカーと通信会社が提携を結ぶ事で、これから日本でも同じようなサービスが受けられるようになるかもひれませんね。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康

高齢者の見守りテレビで安否確認も [高齢者の安否確認]

高齢者の見守りテレビで安否確認

高齢者見守り安否確認も、色々なサービスが出てきました。

ポットやコーヒーマシーンの使用をメールで知らせるものからジンカンセンサーを使って、生活反応を検知するもの、そして緊急コールできるものなどほんとに色々あります。

でもアメリカのテレビを使った見守りのようなサービスはまだ聞いた事がないんですよね。

アメリカの高齢者見守りのひとつに、テレビを使用したものがあって、簡単に言うと、テレビのリモコンで緊急を知らせたり、メッセージを送ったりできるというもの。

スマホやパソコンは使えなくても、テレビは毎日見てるから使えるという老人は多いです。

だからそのリモコンに機能をつけたという感じです。

コールボタンを押すと通信相手のスマホやパソコンにアラートが送信されます。

ダイレクトに見守る側にコールできるんですね。

通院や服薬の時間を知らせるリマインダーも付いているので、薬の飲み忘れ、病院に出かける時間も教えてくれて便利です。

簡単なメッセージのやり取りができるのも素晴らしいなと思いました。

これからどんどん高齢化が進んでいくので、このようなサービスが日本にも導入されたらいいなと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト



nice!(0) 
共通テーマ:健康

宅配業者と連携した高齢者の安否確認 [高齢者の安否確認]

宅配業者と連携した高齢者の安否確認

高齢者の安否確認サービスにもさまざまなものがありますが、宅配業者と連携した見守りサービスにも先進的なものがあります。

ヤマト運輸と地元の商店と連携し、高齢者が注文した商品を配達するサービスがそのひとつです。

人口が減って、商業施設が閉鎖したり、バスの本数が減って、買い物もままならなくなり、買い物難民と呼ばれる現象も起きています。

そんな買い物が大変な高齢者にとってはとても助かるサービスですが、単に注文品を届けるというのではなく、商品を届けたときに、セールスドライバーが高齢者の様子を確認し、異変があれば関係行政機関に連絡してくれるというものです。

そのサービスをさらに進化させたのが北海道幌加内町の事例です。

幌加内町では見守り対象となる65歳以上の世帯に商品が掲載されたカタログと情報端末を配り、情報端末を使って注文すると、翌日の夕方には注文ひた商品が届くというサービスです。

そしてその情報端末にはセンサーが内蔵されていて、動きをチェックする事で安否確認ができるというシステムです。

北海道は1軒1軒が離れている地域も多いので、こうしたドライバーによる安否確認と、センサーによる安否見守りのセットはよく考えられているなと思いました。

特にヤマト運輸は担当ドライバーがある程度固定しているので、高齢者の普段を知っている人も多くて、心強いと思います。

サービスとして全国で展開するのは難しいかもしれませんが、このような輪が、少しづつ広がっていくといいなと思います。

※高齢者の安否見守りについて詳しいサイト
高齢者の安否見守りサービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否見守り・転倒検知システム
高齢者見守り比較サイト

nice!(0) 
共通テーマ:健康

年を取ったらティータイム・おしゃべりタイムが大事です [老人の病気]

年を取ったらティータイム・おしゃべりタイムが大事です

年を取ってくると、食は何よりの楽しみとなります。

そして、気持ちを豊かにするティータイムもとても大事です。

高齢者施設などでは、おやつも食事の一環として考えているところが多いんですよ。

こまめに摂りたいビタミンやミネラルをフルーツで補ったり、お茶を飲みながら、楽しい雰囲気でおしゃべりできると、気分もなごみ、全体の雰囲気もよくなるものです。

年を取ると咽喉が渇きやすくなるのに、自分では咽喉の乾きに気が付かないことが多く、意識して水分を取らなければ、脱水状態になることだってあるので、定期的に水分補給する為にも、お茶の時間を設けるのは理にかなってるといえますよね。

食事だけでなく、お茶の時間、ティータイムは、時間の区切りやちょっと一息というだけでなく、けっこう大事という事です。

黙って1人でお茶を飲んでもいいけれど、楽しくおしゃべりをすると気分も変わりますし、咽喉を鍛えることにもなって、誤嚥予防にも役立ちます。

高齢者の死亡原因の上位にランクする誤燕性肺炎は、のどの筋肉の衰えから、間違って気管に食べ物や飲み物が入ることで引き起こされる肺炎です。

※高齢者の安否確認について詳しいサイト
高齢者の安否確認サービスを選ぶ際のポイント
リストバンド型の高齢者の安否確認・転倒検知システム
高齢者安否見守り「まもるっく」

nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。